【信長の正室として名を馳せた濃姫。その謎につつまれた生涯とは】




【蝮と呼ばれた父・斎藤道三の思惑に翻弄された濃姫】


美濃国(現在の岐阜県)の侍・斎藤道三の娘として生まれ、織田信長に嫁いだ濃姫。

当時、女性については書物に記載されることの方が珍しかったため、彼女の生い立ちや嫁いだ後のことなど、明確に記されているものはありません。


一般的に知られている「濃姫」という名前は、後の世に記された【絵本太閤記】・【武将感状記】などの書物に記されているもので、「濃州(美濃国)の高貴な女性」という意味合いがあります。

また、【美濃国諸旧記】という美濃国の歴史や地理などを扱った書物では「帰蝶」や、信長に嫁ぐ前に住んでいた「鷺山城」にちなみ「鷺山殿」と呼ばれていたとも書かれています。


その【美濃国諸旧記】によると、濃姫は天文4年(1535)に生まれたとされています。


父・道三は美濃国を手に入れるためには手段を選ばす、時として主君でさえも陥れたことなどから「美濃の蝮」と呼ばれていました。

そのようにして地位を築いた道三を快く思っていなかった隣国・尾張国(現在の愛知県西部)の織田信秀や、道三によって美濃国を追われることになったかつての主君・土岐頼芸の甥・土岐頼純などに攻め込まれることになります。


後に「加納口の戦い」と呼ばれるこの戦いは天文13年(1544)頃に起こったとされています。

戦局については様々な言い伝えがありますが、道三は事態を収束させるために和睦する道を選んだと言われています。

この時、和睦の証として道三の娘・濃姫が、信秀の息子・信長に嫁ぐという条件がありました。

しかし、実際に濃姫が嫁いだのはそれから4年ほど後のことになります。


先の戦いで信秀と共に道三と戦った越前国(現在の石川県・福井県北部などを含む地域)の朝倉孝景とも和睦を結ぶことになりますが、この時の条件は土岐頼純を美濃守護という地位につかせるということでした。

そして、それを確かなものにするために、道三の娘が頼純に嫁ぐという話がすすめられました。

その娘が濃姫のことを指しているという明確な記録はありません。

しかし、かつて仕えていた家に嫁がせるということで、道三の正室が産んだ娘である濃姫が嫁いだという見方が正しいのではないかと考えられています。


天文16年(1547)になると、織田・朝倉両氏は再び道三を討伐しようと動き始めます。

土岐頼芸・頼純に大桑城で挙兵させ、織田・朝倉連合軍もそれを支援しようと計画しました。

しかし、これを知った道三は連合軍が到着するよりも前に大桑城を攻め落とそうとします。

道三の大軍に包囲された結果、頼芸は越前国に落ち延びましたが、頼純は大桑城が落ちた時に討死したと言われています。

しかしこれにも諸説あり、道三に暗殺されたのではないかとも言われています。

夫である頼純が亡くなったので、濃姫は斎藤家に戻ることになったと考えられています。


道三と信秀は、その後も織田信辰が守っていた大垣城を巡って争いを繰り返していました。

しかし、なかなか決着がつかなかったため、改めて和睦することになります。

ここで持ち上がったのが、先の和睦の条件として出された濃姫の輿入れの話です。

この輿入れの話は、信長に教育係として仕えていた平手政秀が主にまとめたとされています。

そして天文18年(1549)、濃姫は信長の正室となりました。

しかし、信長と結婚した後の濃姫がどのような生涯を送ったのか、明確な記録は残されていません。


【政略結婚とはいえ侍の妻として気丈に生きていた濃姫】


信長にまつわる書物の中でも信憑性が高いとされている「信長公記」にも、濃姫が信長と結婚した後の記述が一切ありません。

そのため江戸時代など、後の世では、濃姫についての創作が多く見られるようになります。


そのような物語の中に、信長に嫁ぐことになった濃姫に父・道三が短刀を渡し「信長が噂通りのうつけ者だったら、この短刀で刺すように」と告げたという一節があります。

道三は「美濃の蝮」と呼ばれていた侍です。

和睦のためと言いながら、娘である濃姫にスパイのような働きをさせようとしたと考えるのも、頷けるものがあります。


また、嫁いでから1年ほどたった頃、信長は夜中に寝所から出て、一定の時間が経った後、また戻ってくるという行動を繰り返していたと言います。

不審に思った濃姫が問いただすと信長は、斎藤家の家臣に、道三を裏切るよう仕向けたので、その知らせが来るのを待っていると話したそうです。

濃姫は父・道三にその通り伝えたため、道三は主だった家臣を殺してしまいました。

しかし、これは信長の策略で、斎藤家に内紛が起こるよう仕向けたと言われています。

ところが、これも創作されたもののようで、道三が家臣を殺してしまうということは行われなかったと言われています。


信長との夫婦仲がどのようなものであったのかも明かされていませんが、信長が戦に出ている間、居城を守るのは正室である濃姫の役目でした。

そのため、気丈な女性だったのではないかと言われています。


【濃姫の命運をも変えることになった本能寺の変】


夫である信長は「本能寺の変」で非業の死を遂げます。

その時、濃姫がどこにいたのか、その後も生きていたのか、これもまた明確な記録はありません。


岐阜県岐阜市不動町には「濃姫遺髪塚」という塚があり、ここに埋葬されている遺髪は濃姫のものだと言われています。

この遺髪を持ってきたのが本能寺から逃げてきた家臣だったということから、濃姫も本能寺で敵と戦い、討ち死にしたという説が考えられています。


しかし、【織田信雄分限帳】に記載されている「あつち殿(安土殿)」という名前の女性が、生き延びた濃姫のことを指しているのではないかという説もあります。


また【氏郷記】には、本能寺の変が起こった後、明智軍が到達するよりも前に、安土城から助け出されたという記述も残されています。

ここでは「信長公御台君達」という記述ですが、「御台」とは「正室」という意味であるため、濃姫以外考えられないのではないかとされています。


その後、江戸時代まで生存していたという説もありますが、濃姫がどのような生涯を送ったのかは明らかにされていません。