【時代に翻弄された侍・真田幸村。忠義を貫き花と散った生涯とは?】




【すべては真田家存続のため。人質として過ごした若き日々】


真田幸村は武田信玄に仕えていた侍・真田昌幸の次男として生まれました。

本名は「信繁」ですが、当時の侍や歴史上の戦いなどを題材とした書物には「幸村」と書かれており、こちらの名前の方が広く親しまれています。


真田家は、祖父・幸隆の代から武田家に仕えていましたが、天正10年(1582)、織田信長によって武田家は滅ぼされてしましました。

そのため、真田家の領地を守るためにも、有力な他の大名に仕えることを決めなければなりませんでした。

そこで父・昌幸は、織田家に仕えることを決め、忠義を示すために幸村を織田家の家臣である滝川一益のもとへ、人質として送りました。


ところが天正10年(1582)、本能寺の変が起こり、信長が死去してしまいます。

真田家の領地は、徳川氏・北条氏・上杉氏という強い力を持った大名の所領に囲まれていました。

そして徳川家康の命令で上田城が築城されましたが、これを機に、真田家が持っていた領地を北条氏に明け渡すよう、要請がありました。

この要請は何度も続きましたが、父・昌幸は拒否し続けました。

そのため、やがて徳川方から攻撃されることになると考え、今度は上杉家に使えることを決めました。

ここでも幸村は上杉家に人質として送られることになります。

しかし、幸村を迎え入れた上杉景勝は、彼を家臣と同じように扱い、領地まで与えられたと言われています。


天正13年(1585)、ついに徳川氏との戦い「第一次上田合戦」が起こりました。

真田軍は約1200人。対する徳川軍は約7000人でしたが、真田軍は地の利を活かした戦術などを使い、徳川軍を撃退させることに成功しました。

幸村も上杉氏のもとから一時的に戻り参戦したようですが、父・昌幸が籠城していた上田城に留まっていたのではないかと言われています。

この合戦は真田家が勝利しますが、家康はまだ諦めてはいませんでした。


そんな中、両家の仲立ちを務めたのが、豊臣秀吉でした。

秀吉は父・昌幸に、徳川家に仕えるよう働きかけます。

しかし徳川家には、兄・信之だけを仕えさせ、父・昌幸と幸村は秀吉に仕えることになりました。

またしても幸村は人質として秀吉のもとへ送られることになります。

と同時に、この頃元服し、秀吉の家臣・大谷吉継の娘を娶ったとも言われています。


これより後、幸村は主君である豊臣家に忠誠を誓い、豊臣家のために戦う道を選ぶことになります。

秀吉が亡くなった後もその気持は変わらず、大坂冬の陣・夏の陣ではそれまでの経験を遺憾なく発揮し、見事な戦いを繰りひろげました。

しかし、豊臣軍を勝利に導くことは叶わず、戦場で討ち死にしました。

享年49歳だったと言われています。


【秀吉にも認められた実力を持ち、自軍は勝利するも罪人に】


第一次上田合戦で徳川方との仲立ちを努めた秀吉でしたが、その時の取り決めを北条氏が破ったため、北条氏の所領である小田原に攻め込むことになりました。

天正18年(1590)、24歳になった幸村は小田原攻めの戦いのひとつである「松井田城の攻略」で初陣を飾ったと言われています。

その後、石田三成指揮のもと「忍城攻め」にも参戦したようです。

「小田原攻め」に参戦したことで、幸村は秀吉に直接仕えることができるようになりました。

そこでは秀吉の護衛や、決戦の兵力として、また平時では側近として様々な役目を担っていたと言われています。


秀吉が亡くなった2年後の慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いが起こりました。

この時幸村は、父・昌幸とともに、石田三成率いる西軍として参戦します。

しかし、兄・信之は徳川方の東軍につきました。


幸村と父・昌幸は上田城で、東軍の主戦力とも言われていた徳川秀忠軍と戦います。

対する秀忠軍は、かつて第一次上田合戦で真田軍に負けていたので、ここで真田軍を討ち取って名誉挽回したいと考えていました。


真田軍は約3000人。それに対し、秀忠軍は3万8000人もの軍勢だったと言われています。

しかし激闘の結果、秀忠軍は1週間にわたり足止めされることになりました。

そのため関ヶ原で行われていた本戦には間に合わず、東軍としては厳しい戦いを強いられたと言われています。


ところが西軍の敗北は、秀忠軍が到着するより前に決まってしまいました。

それにより幸村と父・昌幸は死罪を命じられますが、徳川方についた兄・信之などが助命してもらうよう嘆願したため、九度山(現在の和歌山県伊都郡)へ罪人として流されることになりました。

この九度山で、幸村は父・昌幸から様々な戦術などを学んだのではないかと言われています。


【大坂城防御のための砦・真田丸で敵を翻弄するも敗戦】


関ヶ原の戦いの後も、豊臣家と徳川家の関係は悪くなる一方でした。

慶長19年(1614)、豊臣家は、どこにも仕えていない「浪人」と呼ばれている侍を集め、徳川家との戦いに備え始めました。


九度山に捕らえられていた幸村にも、その知らせが入ります。

幸村は村人らの監視の目をかいくぐり、脱出することに成功。

かつて父・昌幸に仕えていた家臣や、息子・幸昌を連れて大阪城に入りました。

幸村が合流したことを知った他の侍も大阪城に駆け付け、5000人ほどの兵が集まったと言われています。

こうして、後に「大坂冬の陣」と呼ばれる戦いが始まりました。


かつて、秀吉の親衛隊として活躍していた幸村は、主だった他の侍とともに「五人衆」に選ばれます。

軍事会議にも参加しますが、兄・信之が徳川方にいるため、幸村も裏切るのではないかと、提案する戦略は採用されませんでした。


幸村の提案の中には、大坂城の弱点が南側にあることから、そこに守備の要として出城を作ることも含まれていました。

大坂城は三方を川や堀に囲まれていましたが、南側だけは地続きで、ここから攻め込まれたらひとたまりもないと考えていたのです。

会議の中で、この提案だけは取り入れられ、出城として「真田丸」が作られました。


「真田丸」は柵や堀などで何重にも囲まれ、固い防御を誇っていました。

これは、幸村が様々な戦いを経験してきたことで得た知識などを集めて作られた砦でした。

幸村は、真田丸の自陣まで敵を追い込み、城壁に近づいたところを火縄銃で攻撃するという戦法で、徳川方・前田軍を撤退させることに成功しました。


しかし、豊臣方は浪人が多く統率が取れていなかったため、次々と攻め込まれてしまいました。

また、長い籠城戦で食料や弾薬が不足していたため、徳川方からの和平交渉に応じることとなります。

和議が成立すると、真田丸は徳川方によって破壊されてしまいました。


しかし家康は、この戦いでの幸村の活躍を高く評価し、信濃国を与えることを条件に、徳川家に仕えるよう伝えたと言われています。

しかし幸村は、たとえ日本の半分をもらうことになったとしても自分の気持ちは変わらないと、その誘いを退けました。


と同時に幸村は、豊臣方に不利な状況が続いていることを理解しながらも、豊臣方として戦うことについて詫びる内容の手紙を、親族等に送ったとも言われています。


【主君・豊臣家のために将軍を討つ。その願い叶わず散った幸村】


大坂冬の陣が収束し、徳川家・豊臣家の間に和平が成立したかと思われましたが、豊臣家は戦の準備を続けていました。


そして慶長20年(1615)、ついに大坂夏の陣が起こります。

しかし大坂城は、前回の戦いで防御する機能を失っていたため、攻め込まれないように味方を配置、野戦で凌ぐしかありませんでした。

とはいえ豊臣方約8000人に対して徳川方は約15万人と、圧倒的に不利な状況でした。

そんな中、真田軍は毛利軍とともに徳川方の伊達政宗軍を後退させることに成功します。


しかし、豊臣軍が不利な状況は変わらず、味方は次々と倒れていきました。

幸村は最期に一矢報いようと、毛利軍と協力して家康本陣まで攻め込みます。

家康を討ち取ることはできませんでしが、家康は身の危険を感じ、2回も自害を覚悟するほど凄まじい戦いだったと言われています。


自身を顧みず、勇猛果敢に戦った幸村でしたが、傷を負った体を休めていたところを徳川方の侍に発見され、討ち取られてしまいました。


しかし徳川家康を2度も追い詰めた侍として、後世まで語り継がれることとなりました。