デトックスは治療行為ではない!?しっかり理解し最善の方法を!!

最終更新: 5月2日



今を生きる私たちは、毎日体内に蓄積されていくという恐怖の毒素を、多様なデトックス法を利用して追いやり、なんとかして健康な体を手に入れたいと尽力している。 デトックスというワード自体はそんなに目新しいものではないが、あくまでも健康法や代替医療のひとつに過ぎないもので、医師による治療とは一線を画すものであることを意外にも少ないらしい。 スカルプの健康状態がおかしいと感じる前にきちんとお手入れをして、健康な状況を保つほうがよいでしょう。状況が悪くなってから気にかけても、改善されるまでに時間がかかり、お金はもちろん手間もかかるのです。 デトックスというものは、栄養補助食品の服用及び入浴で、こんな体内にある有毒な成分をできるだけ体の外へ出そうとする健康法とされているのだ。 太陽からの紫外線によって出来たシミをどうにか薄くしようとするよりも、できてしまわないようにあらかじめ予防したり、お肌の奥で出番を待っているシミの補欠をブロックする方が大事だということを理解している人はまだ多くありません。

肌の奥深くで作り出された肌細胞はスローペースで皮ふの表面へと移動し、結果的に皮ふの表面の角質層となって、約一カ月経つと自然にはがれ落ちます。こうした仕組みが新陳代謝です。 押すと返す肌の弾力感。これを生み出しているのは、健康食品でおなじみのコラーゲン、すなわちタンパク質なのです。バネの働きをするコラーゲンが十分にお肌を下支えしていれば、タルミとは無縁でいられるのです。 白くきれいな歯を維持するために、奥歯まで丁寧にブラッシングすることが大事。キメ細やかな泡立ちの歯磨き粉とソフトな毛先の歯ブラシを用いて、じっくりとケアをするようにしましょう。 「デトックス」という言葉そのものは聞き慣れてしまった感があるが、結局は「代替医療」や「健康法」として考えており、医師による「治療行為」とは違うことをわかっている人は多くないようだ。 よく目立つ下まぶたのたるみを改善する方法で効果が分かりやすいのは、ずばり顔のストレッチ体操です。顔にある筋肉は気付かない内に固まってしまったり、心の状態に左右されていることがままあります。

トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、頑固な色素の強いシミをわずか数週間で淡色に和らげるのにすこぶる向いている治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・紫外線が原因の肝斑・しつこく繰り返すニキビなどに効果があります。 ピーリングというものは、老化し役目を終えた角質をピール(peel:剥くの意味)することにより、まだ若いきれいな表皮(角質層)に入れ替え、ターンオーバーを28日周期に近付けようとする合理的な美容法です。 爪の生成はまるで年輪のように刻まれる存在であるが故、その時々の健康状態が爪に出ることが多く、髪の毛と等しくすぐに目に入って気付きやすいため健康のバロメーターとも呼ばれている。 湿疹などに悩まされるアトピー性皮膚炎の原因には、1.腸内や表皮、肺や口腔内などによるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的因子、3.栄養面での要因、4.環境、5.これ以外の意見が挙げられる。 深夜残業、終電帰りの食事会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日の幼稚園のお弁当作りやご飯の支度…。肌が荒れてしまうというのは承知していても、実際の生活ではしっかりと睡眠時間を持てていない方が大半を占めると思われます。




© 2018 BUSCA LLC...