top of page
  • 執筆者の写真editor

マーケティングの基礎知識:KGI、KPIの違いとそれぞれの設定方法


KGIとKPI


マーケティング活動の効果を評価し、目標達成に向けた方向性を示すために、KGI(Key Goal Indicator)とKPI(Key Performance Indicator)の設定が重要です。本記事では、KGIとKPIの基礎知識と設定方法について解説します。



KGIとは

KGI(Key Goal Indicator)は、重要な目標を測定するための指標です。KGIは、組織や部門の戦略的な目標を定量的に評価し、進捗を追跡するために使用されます。KGIは、ビジネスの成果やパフォーマンスを測定するための基準となります。


KGIの特徴は以下の通りです。


キーゴール: KGIは主要な目標に関連しており、その目標を達成するための重要な要素を測定します。例えば、売上成長率、利益率向上、顧客満足度などがKGIとなります。

定量的: KGIは数値に基づいて測定されます。具体的な目標値が設定され、進捗が追跡されます。数値化されたデータにより、目標の達成度を客観的に評価することができます。

長期的: KGIは組織や部門の戦略的な目標と関連しており、長期的な成果を評価します。ビジネスの成長や目標達成に向けた進捗を測定するため、定期的なモニタリングが行われます。

KGIの設定は、具体的な目標設定、測定可能な指標の選択、目標値の設定が重要です。適切なKGIを設定することで、組織や部門の目標達成度を明確に把握し、成果を追求するための戦略的な意思決定や改善策の立案に役立ちます。



KGIの設定方法

KGI(Key Goal Indicator)を設定するための一般的な手順を以下に示します:


目標の明確化: まず、組織や部門の戦略的な目標を明確に定義します。目標は具体的で測定可能なものである必要があります。例えば、売上成長、市場シェア拡大、顧客満足度向上などが考えられます。


目標との関連付け: KGIは、上記で設定した目標と直接関連している必要があります。KGIは、目標の達成に寄与する要素や成果を測定する指標となります。例えば、売上成長率、市場シェア、顧客満足度スコアなどが考えられます。


測定可能な指標の選択: 目標と関連する測定可能な指標を選択します。これにより、KGIを定量的に評価することが可能となります。指標は正確かつ客観的に測定できるものである必要があります。例えば、売上の成長率、市場シェアのパーセンテージ、顧客満足度調査のスコアなどが考えられます。


目標値の設定: KGIには目標値を設定します。目標値は、目標の達成に向けた具体的な数値目標です。目標値は現状の状況や市場の要件に基づいて設定されるべきです。例えば、売上成長率を年間10%増加させる、市場シェアを20%に増やす、顧客満足度スコアを80以上にするなどの目標値が設定されます。


モニタリングと評価: KGIの進捗を定期的にモニタリングし、評価します。目標値との比較を行い、進捗状況や目標達成度を把握します。定期的なレポートや分析を通じて、KGIの進捗状況を把握し、必要に応じてアクションを調整します。


KGIの設定は、具体的な組織や目標によって異なる場合があります。重要なのは、目標と関連付けられた測定可能な指標を選択し、具体的な目標値を設定することです。定期的なモニタリングと評価によって、目標達成に向けた進捗状況を把握し、戦略的な意思決定や改善策の立案に活用します。


KPIとは

KPI(Key Performance Indicator)は、組織やプロジェクトの成果やパフォーマンスを評価するための重要な指標です。KPIは、目標や戦略の達成度を定量的に測定し、進捗状況や成果を可視化するために使用されます。KPIは組織や業界によって異なりますが、一般的には以下の特徴があります:


重要性: KPIは組織の戦略的な目標や重要な業績要素と直接関連しています。重要な成果を測定するために選ばれるため、組織の成功において重要な役割を果たします。


測定可能性: KPIは定量的に測定可能である必要があります。数値や割合などの具体的な指標として表現され、客観的なデータに基づいて計測されます。


関連性: KPIは組織やプロジェクトの目標と直接関連しています。目標の達成に寄与する要素やパフォーマンスを測定し、その進捗状況を把握するために使用されます。


可視化と通知: KPIは、組織のメンバーや関係者がパフォーマンスを把握しやすいように可視化されます。ダッシュボードやレポートなどの形で表示され、組織全体で共有されることで、パフォーマンスの把握や改善策の検討が可能となります。


KPIの設定は組織やプロジェクトの状況に応じて異なります。重要なのは、KPIが目標と関連しており、組織のパフォーマンスを適切に評価し、戦略的な意思決定や改善策の立案に活用することです。


KPIの設定方法

KPI(Key Performance Indicator)を設定する際には、以下の手順を考慮すると良いでしょう。


目標の明確化: まず、組織やプロジェクトの目標を明確に定義します。目標は具体的で測定可能なものである必要があります。たとえば、売上の増加、顧客満足度の向上、生産性の向上などです。


目標との関連性の確認: 目標と直接関連するKPIを特定します。KPIは目標の達成度を測定するための指標であり、目標に寄与する要素やパフォーマンスを反映するものです。KPIは目標に対して意味のある指標であることが重要です。


測定可能性の確認: KPIは定量的に測定可能である必要があります。具体的な数値や割合などで表現されることが望まれます。また、データの収集方法や計測手段が明確で実行可能であることも重要です。


タイムフレームの設定: KPIは特定の期間内で測定されるため、タイムフレームを設定します。一般的なタイムフレームは月次、四半期、年次などですが、目標や業界の要件に応じて適切なタイムフレームを選択します。


目標値の設定: KPIには目標値を設定します。目標値は達成すべき目標に基づいて設定されます。過去のデータや業界のベンチマーク、現実的な目標を考慮して目標値を設定しましょう。


モニタリングと評価: 設定したKPIを定期的にモニタリングし、評価します。データの収集や分析を行い、KPIの進捗状況や成果を把握します。必要に応じてアクションを調整し、目標達成に向けた取り組みを行います。


KPIの設定は状況や目標に応じて異なります。重要なのは、KPIが具体的で測定可能な指標であり、目標の達成度を正確に評価できることです。また、KPIの設定には関係者の参加や意見を取り入れることも重要です。


KGIとKPIの違いとは

ここまで、KGIとKPIについてそれぞれ解説してきました。

それぞれの基礎知識が身についたところで、それぞれの違いについても解説します。


KGI(Key Goal Indicator)とKPI(Key Performance Indicator)は、マーケティングや組織のパフォーマンス評価において使用される指標ですが、それぞれ異なる役割と目的を持っています。


KGI(Key Goal Indicator)は、組織やプロジェクトの主要な目標を測定するための指標です。KGIはビジネスの戦略的な目標に直接関連しており、組織の方向性や成果を示す役割を果たします。KGIは、組織の成功や成果を測定するための重要な要素であり、戦略的な決定やリソース配分の基準となります。


一方、KPI(Key Performance Indicator)は、組織やプロジェクトのパフォーマンスを測定するための具体的な指標です。KPIは、目標の達成度を評価するために使用されます。KPIは定量的な数値や指標で表現され、定期的にモニタリングされることで、組織のパフォーマンスや進捗状況を把握するのに役立ちます。


KGIとKPIの違いは、以下のようにまとめることができます:


目的: KGIは組織やプロジェクトの主要な目標を測定するための指標であり、KPIは目標の達成度を評価するための具体的な指標です。


関連性: KGIはビジネスの戦略的な目標に直接関連しており、組織の方向性や成果を示す役割を果たします。KPIは目標と直接関連し、目標達成の進捗状況や成果を測定するための指標です。


測定レベル: KGIは戦略的なレベルで測定され、組織全体や大きな範囲での指標となります。一方、KPIは具体的な数値や指標で表現され、個別の業務や活動のパフォーマンスを評価するために使用されます。


影響範囲: KGIは組織の全体的な方向性や成果を示すため、多くの関係者に影響を与えます。KPIはより具体的なパフォーマンス評価を行うため、関連する部門や個人の業績に影響を与えます。


KGIとKPIは相互に関連しており、組織の戦略的目標から具体的なパフォーマンス評価までをカバーする役割を果たします。組織やプロジェクトの成功を評価するためには、両方の指標をバランス良く活用することが重要です。


まとめ

KGIとKPIは、マーケティング活動の成果を定量化し、目標達成に向けた方向性を示すための重要なツールです。KGIは大局的な目標を示し、KPIは具体的な成果を測定するために使用されます。KGIとKPIを適切に設定するためには、明確な目標設定、適切な指標の選択、データの収集と分析が重要です。マーケティング活動の効果を評価し、改善策を導き出すために、KGIとKPIを活用してください。


執筆者

戸井田翔馬/Shoma Toita

BUSCA合同会社代表/マーケティングコンサルタント

カリフォルニア大学バークレー校やロンドンビジネススクールなど海外の大学院やビジネススクールでマーケティングやブランディング、MBAについて学ぶ。


閲覧数:26回0件のコメント
bottom of page