「地上最強のデトックス素材」小麦若葉とは?


小麦若葉(ウィートグラス)とは、小麦の種子から発芽した若い芽を指します。日本ではあまり馴染みがありませんが、健康志向の高まる米国では大人気の植物です。デトックス作用が強く、小麦若葉を使用した青汁は「地上最強のデトックス飲料」と称されています。


新鮮な小麦若葉をまるごと乾燥粉砕することにより、ビタミンA・葉酸・ビタミンC・ビタミンE・カリウム・鉄・食物繊維を豊富に含んでいます。緑黄色野菜群と比較して葉酸は約4.5倍、鉄は約5.5倍、食物繊維は約10倍も含まれています。クロロフィルを多く含むことも小麦若葉の特徴です。クロロフィルはヘモグロビンと構造が似ているため、血液をサラサラにし、動脈硬化や高血圧を防ぐ働きがあります。また基礎代謝を上げる働きがあるのでダイエット効果もあります。小麦若葉を使用した青汁は「地上最強のデトックス飲料」と言われるのはクロロフィルの働きによります。


大麦若葉が「SOD酵素」が多く、身体の酸化を防ぎ(老化防止)、骨粗しょう症や免疫賦活など「健康増進」を期待できるのに対し、小麦若葉は「クロロフィル」が多く、デトックス・ダイエット効果を見込める事から「美容促進」を期待することができます。小麦若葉は女性をターゲットにした青汁に最適といえます。


2018年1月17日放送のNHK総合の「ガッテン!」で、葉酸を多く摂取すると、認知症や脳卒中など様々な病気発症リスクを下げる事を示す研究データがあることが紹介されました。女性だけではなく、ご年配の方向けの青汁としてもピッタリです。


ニュージーランドで有機栽培された小麦若葉は鮮やかな緑色で、大麦若葉・ケール・桑の葉など他の青汁原料に比べて苦みが少なく、飲みやすいのも特徴です。抹茶や緑茶の代わりに飲んで頂く事もできます。癖のない風味も女性やご年配の方向けの青汁原料として適していると言えます。

© 2018 BUSCA LLC...