女性ホルモンを補う



生理前になると心と体に不調があらわれてしまうという女性は多いのではないでしょうか。それは月経前症候群というものでホルモンバランスの乱れが原因で引き起こされます。排卵後に分泌されるプロゲステロンという黄体ホルモンがホルモンバランスを乱す原因となります。そのことによりエストロゲンという女性ホルモンが減少してしまいます。黄体ホルモンが優位になり女性ホルモンが劣位になることがホルモンバランスの乱れにつながります。


月経前症候群の体にあらわれる不調としては、腹痛、腰痛、肩こり、吐き気、頭痛、便秘、むくみ、肌荒れ、倦怠感、微熱、胸が張るなどがあります。心にあらわれる不調としては、気分が落ち込む、情緒不安定になる、イライラする、集中力がなくなる、憂鬱な気持ちになるなどがあります。症状のあらわれ方には個人差がありますが、つらい症状により生活に支障をきたしてしまうという女性もたくさんいます。生理が始まる1~2週間前くらいから症状があらわれ始め、生理が始まると同時に症状は解消されます。1~2週間程度我慢すれば症状は自ずと消えていきますが、毎月のこととなると大きな負担となります。


ですので、対策を講じて月経前症候群に負けない強く健やかな体づくりをしていくということが大切です。生活の中で気をつけるべきことは、代謝を上げて血行を良くするということです。バランスの良い食事をとって栄養をしっかりと補給すること、ニンニクやネギや生姜などの体を温める効果がある食べ物を食べること、女性ホルモンに似た働きをする効果がある大豆イソフラボンが含まれる大豆製品を積極的に食べること、水をこまめに飲むこと、適度な運動をすること、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって体を温めること、ストレッチやマッサージをすることなどを心がけましょう。


そして、薬で女性ホルモンを補うという方法も効果的です。減少した女性ホルモンを薬で補うことでホルモンバランスの乱れを整えて症状を緩和させることができます。薬はドラッグストアや薬局や通販などで手軽に購入することができます。配合されている成分や含有量や価格や1日に摂取すべき量などはそれぞれ異なりますのできちんと比較して自分にぴったり合ったものを選んで取り入れましょう。このような薬は月経前症候群だけではなくホルモンバランスの乱れによって引き起こされる更年期障害などにも効果があります。日頃から生活習慣に気をつけたり薬を摂取したりして備えることが大切です。


© 2018 BUSCA LLC...