目の下のたるみをお手入れする方法


化粧ではかくせない?目元のたるみ

一度たるみができてしまうと、元通りに戻すことは困難であり、化粧でも隠しづらいものです。

実年齢よりも年を重ねているように見えたり、疲労が溜まっているように見えるので、目の下のたるみには十分な対策が重要になります。

たるみや、目の下のクマは、顔全体の印象を大きく左右する要素です。

目元というのは皮膚がとても薄いので、乾燥しやすかったり少し擦っただけでも色素沈着が起きやすいとても敏感な部分です。

血流が悪い事が原因の青グマと違って、たるみやむくみが出てしまう黒グマは化粧で隠そうとしても、余計に目立ってしまいます。

普段から、目の回りのお肌は特に念入りなスキンケアを施しておくことで、年をとってからの乾燥やたるみを防ぐことが可能になります。

皮膚の深層で生成されているコラーゲンの量を増やすことで、肌のハリを保つことができるでしょう。


コラーゲン不足が原因?

お肌が元来持っていた弾力も、コラーゲンが少なくなると失われてたるみの原因になります。日々のスキンケアでは、ビタミンC誘導体やレチノールの化粧水などを皮膚に浸透させ、コラーゲンをつくりやすくします。

コラーゲン自体には肌の内側にあるコラーゲンを増やす働きは無いので、ビタミンCやレチノールなどの肌の内側から増やす効果のあるものを選ぶのがポイントです。

目の下のたるみは冷たいドリンクや塩分の摂り過ぎなどでもなりやすいので、普段の飲み物や食事などにも気を付けることも必要です。目の下は強くこすったりひっぱったりするとたるみが悪化しますので、そっと触れるように心がけてください。

© 2018 BUSCA LLC...