薄毛の症状によって効果のある治療方法は異なる!?


薄毛の種類を理解した上で、最適な治療方法を選択することで、気になる薄毛の改善を目指すことが可能になります。

何がきっかけで薄毛を痛感するかは、個人差がありますが、写真や鏡で自分の姿を客観的に見た時や、洗髪の時などが定番です。

薄毛の対策を行っているのに、いまいち成果が出ないという場合には、より専門的な治療を検討することも必要です。

薄毛の治療に取り組む時には、どういった要因で頭髪が薄くなっているのか、自分自身のケースで突き止めるこことがポイントです。

スタンダードな原因としては、男性型脱毛症、別名AGAと呼ばれている、多くの人が体感している症状です。

このAGAは、男性ホルモンの過剰分泌が原因であるといわれており、いわゆるM字ハゲや頭頂部が薄くなる、またはその両方が同時に進行しているといったものになります。

AGAに効果があるとされる治療法にはいくつか種類があり、最も手軽なのが治療薬を用いる方法です。

内服薬を服用して、頭皮の血流を良くして毛根へ栄養が届きやすくしたり、抜け毛の要因になっている物質を減らしたり、塗り薬を利用したりします。

薬を塗布するのではなく、注射器やレーザーなどで体内に注入するメソテラピーという薄毛の治療方法もあります。

最近では、植毛を行うことで、髪の量を増やして薄毛を治療するというやり方もあります。以前は、植毛治療といえば、人工的につくった毛を頭皮に植毛していました。

現在では、自前のまだ生えている髪を、自分の髪として別な場所に植毛することで、薄毛治療ができるようになりました。

薄毛の治療を検討しているのであれば、まずは専門機関で相談をし、適切な治療をして薄毛を改善していきたいものです。

© 2018 BUSCA LLC...