頑固なにきび跡が消える!?フォトフェイシャルとは


肌の入れ替えによって消えるニキビ跡

にきび痕は、にきびがあった場所に色素沈着や皮膚のへこみが残ることです。一旦にきびができると、その場所はメラニン色素が生成されやすくなりますし、血液色素もその場所に残るようになります。

つまり、にきびはもうないのに、シミが残ってにきび痕になってしまうわけです。

色素沈着によるにきび痕は、古い皮膚と新しい皮膚とが交代するにつれ、目立たなくなります。

にきび痕がずっとあるのは、年齢を重ねた肌は、新しい皮膚がなかなかつくられないためです。にきび痕がなくなるまで、1年以上を費やすケースもあります。


光をあてて新陳代謝を促進

いつまでも残っているにきび痕が気になっている人は、エステのフォトフェイシャルなど、美肌効果の高い施術をうけるといいでしょう。

皮膚の深い部分に光をあてて肌細胞を熱し、皮膚の新陳代謝を促進するというものです。

皮膚のたんぱく質は熱で変成する性質があるので、フォトフェイシャルの熱によって一部ダメージを受けます。

ターンオーバーが促進されて、新しい皮膚が古い皮膚にとってかわれるようにするのが、フォトフェイシャルのメカニズムです。

フォトフェイシャルを行うことで肌が温まり、血液が流れやすくなることから、肌の状態改善作用も得られます。

お肌に残ったにきび痕を消したいという人は、ターンオーバーを活発にしてくれるフォトフェイシャル施術がおすすめです。

© 2018 BUSCA LLC...